タイプ別美白化粧水の選び方|シミを消す美白化粧水の口コミ情報

MENU

肌質や効果で選ぶ


敏感肌でも安心して使える美白化粧水、早くシミを消したい、予防がしたいなど、肌質や効果など、あなたが求める美白化粧水はどれ?

敏感肌向け美白化粧水 美白と同時に保湿ケアも 早くシミを消したい!

美白化粧水

敏感肌は美白成分が効きにくい?を覆す、敏感肌&美白ケアが同時にできる美白化粧水です。

美白化粧水

美白化粧水

美白化粧品には保湿力がないと思っていませんか?保湿成分も配合されて美白化粧水を紹介しています。

美白化粧水

美白化粧水

早くシミを消したい!即効性を求めるなら、ハイドロキノン配合の美白化粧水がオススメです。

美白化粧水

未来のシミを予防したい! 低刺激で安全な美白化粧水 お得なトライアルセット

美白化粧水

シミは肌表面に現れる前に予防するのが一番!シミ予防にオススメの美白化粧水を紹介しています。

美白化粧水

美白化粧水

肌トラブルが起きない安全な美白化粧水を使いたい方にオススメの美白化粧水を紹介しています。

美白化粧水

美白化粧水

トライアルから気軽に美白ケアを始めたい方には、お得なトライアルセットを紹介します。

美白化粧水

妊婦さんでも安心 くすみにおすすめ ローションパックに

美白化粧水

配合成分が気になる、肌が敏感になる妊婦さんにも安心の美白化粧水をご紹介しています。

美白化粧水

美白化粧水

肌全体のくすみを取り除いたら、トーンアップして明るい肌に!くすみにオススメの美白化粧水をご紹介。

美白化粧水

美白化粧水

美白効果をさらにアップ↑ローションパックにおすすめの美白化粧水を紹介しています。

美白化粧水

タイプ別美白化粧水の選び方|シミを消す美白化粧水の口コミ情報記事一覧

 

強い美白成分が配合された美白化粧水を使うと、ヒリヒリしたり、炎症を起こしたり、肌トラブルが起きやすい敏感肌は、美白成分の効果が発揮されにくい肌質です。美白成分だけではなく、外部刺激、紫外線や乾燥などにも弱く、赤くなったり、炎症を起こしやすい肌は、炎症後色素沈着となって、さらにシミが発生されやすくなります。そんな敏感肌におすすめの美白化粧水は、シミやくすみだけにアプローチするのではなく、美白ケアと同...

 
 

お肌に塗布した成分は、血液の中に入って、全身を巡ります。それは、良い成分であっても、身体に毒となる成分でも同じです。妊娠中は、お腹の赤ちゃんに栄養や酸素を届けるのは血液の役割です。お母さんが口から摂取したもの、肌につけた成分が、そのまま赤ちゃんに届けられます。それを考えると、肌荒れを起こしてしまうような刺激の強い美白成分は避けたいですよね。また、肌が敏感になりやすい、さらに、ホルモンバランスの変化...

 
 

できてしまったシミを早く消したいという人には、即効性のある美白化粧水がオススメです。できてしまったシミを消すのに即効性のある美白成分は、「肌の漂白剤」と呼ばれる「ハイドロキノン」です。以前は、皮膚科の処方がなければ使えなかったハイドロキノンですが、低濃度ではありますが、化粧品にも配合されるようになりました。また、酸化しにくい安定性の高いハイドロキノンの開発もされて、より安心して使えるようになりまし...

 
 

美白化粧水の美白効果をよりアップさせるなら、「コットンパック」がおすすめ。日焼けして火照ったときだけでなく、ちょっとした時間があるときにもコットンパックをしておくと、保湿力も高まり、美白効果もより高まります。コットンパックは時間を置き過ぎると水分が蒸発して乾燥してしまうので、3分ほど置くだけでOK。たった3分で、いつも使っている美白化粧水の美白成分を効率的に浸透させることができるので、普段のスキン...

 
 

紫外線を浴びてしまうと、皮膚はメラニン色素を発生させてしまいます。これはお肌を守るために重要なことなんですが、肌のターンオーバーが順調な10代のうちは、このメラニン色素が自然に排出されるのが、年齢とともに、皮膚の生まれ変わる周期が遅くなり、メラニン色素が肌表面に留まってしまいます。これが「シミ」です。シミができないように予防するには、メラニン色素の発生を抑制する、また、肌のターンオーバーを促進させ...

 
 

保湿されてみずみずしい肌は、透明感があり、くすみを感じさせません。少しくらいのシミも潤いある肌だと目立たないのです。また、乾燥している肌は美白成分の効果が出にくいということが分かっています。その理由は、バリア機能が低下していて炎症を起こし、色素沈着しやすい皮膚細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)がスムーズにできずシミが残りやすい乾燥している肌は、皮膚表面のバリア機能が低下していて、外部からの刺激に...

 
 

顔全体がくすんでいると、疲れて見られたり、老けて見られたりします。くすみが取り除かれるだけで、肌のトーンがアップして、透明感のある明るい肌になり、若々しく見られます。顔のくすみの原因は、主に、外部からの強い刺激血行不良があります。外部からの強い刺激外部からの強い刺激とは、スクラブやタオルなどで強く擦っていたり、洗浄力の強い洗顔料などの使用です。皮膚は、強い刺激を受けることで、メラニンを発生させて、...

 
 

美白成分=刺激が強いというイメージはありませんか?数年前にもニュースにもなっていた某化粧品会社の美白成分で白斑被害に遭ったという女性が多くいました。ここまでの被害に遭わなくても、美白化粧品をつけたら肌がヒリヒリした、痒くなったなどの刺激を受けた経験のある人は多いはずです。敏感肌の場合、皮膚内部のセラミドが不足している状態で、水分保持機能、バリア機能ともに低下して、外部から刺激を受けやすい状態です。...

 
 

美白化粧水には即効性がないので、使ってすぐに実感できるかというと難しいのですが、長く継続して使わなければ効果はありません。そのため、美白化粧水を選ぶときは、低価格なのも魅力ですが、使い心地がいい、肌に合っているなどで、気持よく継続して使えるものがオススメです。肌トラブルが起こるものはもちろん、肌トラブルは起きないけど、使用感が好きではないというものは、いくら効果がありますと言われても長続きしません...

 
 

美白化粧水と美白美容液は併用した方がいいのか?というと、答えはYESです。美白化粧水にも美白成分が入っていますが、美白化粧水の役割は、洗顔後の肌を整える、肌に水分を補給するのがメインです。また、日焼け後や脱毛後の火照ったお肌を鎮静するのにもオススメです。サラリとしたテクスチャーの化粧水であれば、コットンパックにも使いやすいですね。ただ、早く美白効果を実感したいのであれば、有効成分の配合濃度が高い美...

 
 

ニキビができた後にうっすら残る赤または茶色の色素沈着。年齢を重ねるごとに、肌細胞の生まれ変わり(肌のターンオーバー)が遅くなるため、ニキビや吹き出物ができた後、傷ついた肌細胞が残ってしまいます。これは、炎症後色素沈着という種類のシミです。傷ついた細胞が肌を守るためにメラニン色素を発生させてしまうことが原因です。凸凹のクレーター状態のニキビ跡には、美白化粧水でのスキンケアは向いていませんが、炎症後色...

 
 

シミを消すのにより早い効果を求めるのであれば、美白化粧水と乳液の併用がいいのか?というと、より効果を上げるためには、併用がオススメですが、クリームがあれば、乳液とクリームのどちらかでもOKです。乳液の役割は、油分と水分が適度に補えることにあります。油分は、肌の水分を逃さないために必要で、化粧水で補った水分や保湿成分を閉じ込めてくれます。テクスチャーは、サラリとしたものからコクのあるものまでさまざま...

 
 

アルコール配合の化粧水または化粧品が肌に悪いというイメージがあり、アルコールフリーの化粧品を選ぶ人も多くなってきました。しかし、なぜアルコールが肌に悪いのか?ご存知でしょうか?アルコール配合の化粧品を使って、ニキビや肌荒れが改善されたという人もいますが。。。本当のところはどうなのか?ここでは、化粧品に配合されているアルコールについて、またアルコールがもたらす肌トラブルに関する情報を紹介しています。...