美白成分について|シミ消す化粧水教室

MENU

美白成分について|シミ消す化粧水教室記事一覧

 

美白成分といっても、その種類はさまざまです。一般的に有名な美白成分や化粧品メーカーが研究開発してできた美白成分もあります。ここでは、厚生労働省認可済みの美白成分とその作用を紹介しています。アルブチン「皮膚の漂白剤」と呼ばれる強力な美白成分、ハイドロキノンほどの即効性はないものの、肌トラブルの報告がほぼないということから、安心して使える美白成分です。ハイドロキノンの構造に、ブドウ糖がくっついたという...

 
 

美白成分の中には、厚生労働省から認可されていないものの、美白効果が高い成分があります。厚生労働省認可済みではないからといって、危険性があるとか副作用があるというものではありません。また、化粧品に配合されているものに関しては、低濃度になっているので安心して使うことができます。(敏感肌の方はパッチテストを行ってから使用することをオススメします。)ハイドロキノン別名「肌の漂白剤」と呼ばれているほど、美白...

 
 

シワの改善に効果があると有名な「レチノール」はビタミンAとも呼ばれる成分で、1980年代後半、ペンシルバニア大学のクリーグマン博士によって発見されました。それまで、「若返り薬」としたさまざまな薬剤が登場していたそうですが、どれも再現性がなかったところ、はじめて科学的にも再現性のある成分ということで話題になったようです。はじめにクリーグマン博士は、レチノール(ビタミンA)の活性型のレチノイン酸(トレ...

 
 

別名「肌の漂白剤」と呼ばれている美白効果の高い成分、ハイドロキノン。日本で化粧品に配合できるようになったのは、2002年からですが、アメリカでは、それまでにも美容皮膚科で処方されていて、一般的に使われていました。そのため、海外から個人輸入で取り寄せている人もいました。ハイドロキノンは、シミのもととなる酵素、チロシナーゼの働きをブロックすることによって、シミができるのを防いでくれますし、できてしまっ...

 
 

サプリメントでも人気の高いプラセンタエキス。化粧品にも使われていることが多く、美白や保湿効果に期待できる成分です。プラセンタとは「胎盤」の意味で、化粧品やサプリメントに使用されているのは、豚、馬、羊などの動物の胎盤から抽出されているプラセンタエキスです。胎盤はお母さんのお腹の中で、赤ちゃんが育つ大切な役割を果たしていて、胎児はお母さんから胎盤を通して酸素を受け取り、二酸化炭素を排出しています。また...

 
 

アットコスメ、amazon、楽天でも人気のナチュリエのスキンコンディショナー、ハトムギ化粧水。500mlという大容量なのに、安いお店だと、500円台で購入できてしまう超プチプラコスメです。口コミ評判もなかなかの高評価で、とにかく惜しみなくバシャバシャ使えるのも人気の理由の1つです。ハトムギエキスを使った化粧水と言えば、アルビオンのスキンコンディショナー、スキコンと呼ばれる化粧水です。アルビオンの他...

 
 

美白成分として非常に有名な成分の一つが「アルブチン」というものです。これは同じく美白成分として知られる「ハイドロキシン」の配糖体で、「ハイドロキノン誘導体」と呼ばれることもあります。この配糖体は糖への反応が特に高い部分に糖以外の物質が結合したものと定義することができます。1.意外と知らないアルブチンの美白効果ではこれはどのように美白効果を発揮するのでしょうか。簡単に言えば、メラニン色素を合成してい...

 
 

お肌の悩みは尽きないもので、その中でも年代問わず多い悩みがシミやくすみ、色素沈着が気になるというもので、それらに効果的なのが美白化粧品です。美白に有効な成分というとアルブチンやビタミンC誘導体、トラネキサム酸などが挙げられますが、最近注目されている美白に有効な成分にコラーゲンがあるのはご存知ですか?ここでは、コラーゲンと美白ケアの関係について、ご紹介していきますね。1.コラーゲンと美白ケアについて...

 
 

美白を始める前にシミやくすみ、日焼け跡などお悩みに効果が期待できる美白化粧品。美白化粧品というと「肌を白くしてくれる」というイメージを持っている方が多いですが、実は少し違います。シミや色素沈着やくすみを減らして本来の透明感のある肌に導いてくれるというもので、元の色より白くすることはできないのです。効果的な美白を始めるにはまずは自身の肌悩みや肌質、そしてシミの種類を正しく知る必要があるのです。トラネ...

 
 

ビタミンCは美白成分として有名ですが、コラーゲンの生成にも深く関わっている成分で、女性の美肌には欠かせない成分です。そのビタミンCには、ビタミンC誘導体というものがあります。これらの違いについてハッキリと分からないという方はぜひ参考にしてみてください。1.ビタミンCの肌への効果人が生きていく上に必要とする栄養素であるビタミン。その中でもよく聞き身近であるのがビタミンCです。特にレモンやオレンジんど...

 
 

従来までの美白化粧水は、「肌が乾燥する」というデメリットがありました。美白ケアはしたいのに、肌が乾燥するからと美白化粧水や保湿化粧水、あれこれ揃えてみたものの、使うが面倒くさい、お金もかかる。とりあえず、美白はあきらめようか、保湿をあきらめようか、と悩む人も多かったはず。しかし、PM2.5や黄砂など、紫外線のほかにもこうした外部刺激が増えてきている現代、敏感肌や乾燥肌で悩む女性が急増しています。そ...

 
 

美白有効成分の代表格の一つである「ビタミンC誘導体」。美白化粧水をはじめ、美白化粧品には「ビタミンC誘導体」が有効成分として配合されているものが非常に多いですね。ビタミンC誘導体は、不安定で成分が壊れやすいビタミンCを皮膚へ浸透しやすくするために、ビタミンCを「誘導体化」させてものです。また、皮膚内部でビタミンCに変化するという特徴を持っているうえに、安定しているので化粧品に使いやすいというのがよ...

 
 

美白ケアというと、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、アルブチンなどの美白成分配合のコスメばかりに注目しがちですが、もしあなたが乾燥肌であれば、まずその肌環境を整える必要がありますよ。乾燥肌は透明感のある肌を手に入れるには大きな障害です。誰もが憧れる白く透明感のある肌になるには、肌内部の保水機能を高めるためにもヒアルロン酸という成分も有効です。ここでは、乾燥肌とくすみの関係、そして保湿成分 ヒアルロ...

 
 

保湿成分、エイジングケア成分として有名なヒアルロン酸。美白化粧品にも配合されていることがあります。ヒアルロン酸は美白ケアにも有効なのか?ここでは、美白効果を求めるときにヒアルロン酸がどのように効果を発揮するのかをを紹介しています。ヒアルロン酸とは?まず、ヒアルロン酸について紹介していきますしょう。ヒアルロン酸は、私たち人間の体内のあちこちに存在している、ムコ多糖類の一つで、皮膚だけでなく、関節や硝...

 
 

最近ドラッグストアでも購入できるプチプラコスメにも増えてきた医薬部外品の美白化粧品。医薬部外品の化粧品とそうでない化粧品の違いをご存知でしょうか?ここでは、医薬部外品の定義、そして医薬部外品の美白化粧品をまとめてみました!医薬部外品の定義とは?国が定めた薬事法による分類の一つで、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないもの引用元:ウィキペディアと定義されています。化粧品と医薬品の中間的存在で...

 
 

肌老化の一つ「シミ」。このシミができるのは、紫外線や肌への摩擦によるメラニン生成が促されるからです。このメラニンが生成される仕組みを知ると、効果的な美白ケアをすることができます。ここでは、メラニン生成の仕組み、シミができる各段階でケアできる効果的な美白ケアについて紹介しています。メラニン生成の仕組み基底層の細胞の間には、「メラノサイト」という色素系性細胞が点在しています。そのメラノサイトの中に、メ...

 
 

厚生労働省認可の美白有効成分の一つ、トラネキサム酸。できたシミを美白できる美白成分としても知られ、サプリメントや化粧品にも配合されています。ここでは、トラネキサム酸の効果について、そしてトラネキサム酸配合の化粧品をまとめて紹介します。トラネキサム酸とは?トラネキサム酸は人口合成されたアミノ酸で、もともとは止血剤として医療現場で使われていた成分です。安全性も高く副作用などもほとんどないことから、月経...